まつ毛美容液は危険?日本製安全な商品の見分け方

まつ毛美容液を試してみたいけど、目の周りに使うものだし、安全性は気になるところですよね!効果があっても、副作用など危険性があるものはNGです。ここでは、まつ毛美容液の危険性と、日本製の安全な商品の見分け方をご紹介します。

 

まつ毛美容液って危険なの?

まつ毛が長いと、顔の印象も変わるし、いい女って感じがしますよね!まつ毛美容液を使ってみたいけど、目に入ったりする可能性もあるし、絶対安全なものを選びたいものです。まつ毛美容液を使うことで、何か危険な副作用が起こった事例がないか調べてみました。

 

ビマトプロストで起こる副作用

海外で販売されているまつげ美容液の中には元々は緑内障の治療薬で使われていた、「ビマトプロスト(プロスタグランジン)」という成分が配合されている商品があります。緑内障の治療時に、患者からまつ毛が伸びるという事例が報告され、その副作用を利用してまつげ美容液が製品化されました。まつ毛を伸ばす効果はありますが、強い成分ゆえに下記のような副作用も報告されています。

・充血、まぶたの腫れ
・目の周囲の皮膚変色(黒ずみ)
・一時的な刺激症状(しみる、灼熱感、痛み)、かゆみ
・黒目(虹彩)の色が濃くなる

口コミでも、色素沈着、充血、かゆみ、しみるという症状について、多数の方が指摘していました。
また眼球にまで色素沈着がおきてしまう虹彩色素沈着という症状も報告されているそうです。また海外製品は輸入業者による海外からの輸入や、個人輸入でのみ入手できます。偽造品も出回っているので、十分な注意が必要です。偽造品は粗悪なものが多く、トラブルも多発しています。綺麗になろうと努力しているのに、まぶたがはれたり、色素沈着を起こしてしまっては、元も子もないですよね。

 

日本製品は安全なの?

日本では、「ビマトプロスト(プロスタグランジン)」を含む製品は医薬品扱いとなりますので、化粧品として販売はできません。
日本製のまつげ美容液の多くは、コラーゲンや様々な植物由来の天然成分を使って、まつげが健康に育つ環境を整えるという発想で作られているので、「ビマトプロスト(プロスタグランジン)」を使った商品にくらべ、まつ毛が伸びる効果は薄いと考えられます。
安全を取るか、効果を取るか難しいところではありますが、やはり日本で許可されていない商品を自己判断で使うのはリスクが高いのではないでしょうか。

 

日本製でおすすめの商品

スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュプレミアム

渡辺直美さんのテレビCMでおなじみのスカルプD「ピュアフリーアイラッシュプレミアム」は、保湿成分であるオクタペプチドやオタネニンジン根エキスを従来品の約2倍配合してリニューアルされました。その他、ハマメリス葉エキス・ヒアルロン酸・パンテノール配合で、目元のエイジングケアもできる優れものです。

 

EMARKED

富山県の水橋保寿堂製薬株式会社が製造販売している、まつげ美容液です。製薬会社が製造しているので、安心して使えます。
オタネニンジン根エキスやヒアルロン酸・パンテノール・ブドウ種子エキス・イチョウ葉エキスなどの植物美容成分を配合。
1日1回就寝前に塗ればいいだけなので、お手入れ簡単です。極細ブラシで、まつ毛の根元までケアできます。

 

プレミアムアイラッシュエッセンス


アンドビューティーから発売されている「プレミアムアイラッシュエッセンス」は、ヒアルロン酸・コラーゲン・オクタペプチド-2のほか、オタネニンジン根エキス・アロエベラエキス・ビルベリー葉エキス・セイヨウナシエキスといった植物由来成分も配合。
フロッキーチップで、まつ毛やまぶたを傷つけません。マツエク使用中の方や、眉毛にも使えてコスパも◎です。

海外製品のように劇的な効果は期待できないかもしれませんが、安心安全にまつ育ができる日本製がおすすめです。みなさんも試してみてはいかがでしょうか!


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。